地雷魚先生のライティング講座 その4 書けなくならないためにしておく事

地雷魚先生のライティング講座

 その4 書けなくならないためにしておく事

基本的に「書けない」という経験はあまりないのですが、それでも「書くテンションではない」というときはあるものです。

今回は実戦的なテクニックだよ!

書けない時というよりも、仕事の依頼とかがあったとき、私は真っ先に原稿ごとに「ファイル」を作り、「原稿ごとに見出しだけ」は作っておきます。

これは長年の経験で言うのですが、「さー書くぞ!」となったときに、自分でも不思議なぐらい、「ファイル名」や「見出し」を作っているうちにテンションが落ちるものなのです。

また、テンションが低いときには「ファイル作り」や「見出し作り」が物凄い億劫になるのです。

そうならないために、「とりあえずファイルと見出しだけは作る」という作業を、締め切りのかなり前、できれば仕事を受けた日にやってしまいます。

そして、無理に原稿を書かずに、そのまま寝てしまいます。

案外、ファイルと見出しまで作ると、「けっこう仕事したな」ってなるんですよ。

だから寝る。

ここで気分転換を強制的にやってしまうのです。

そして、翌日起きて目が覚めてきたら、ファイル開けばすぐ原稿に取り掛かれるわけです。

試しにやってみればわかりますが、「原稿書くために、ファイルダブルクリックすれば、あとは書くだけ」という体制になっていると、驚くぐらいスルっと原稿にとりかかれます。

実は今もアズールレーンのレビューなどは、前日に画像を取り込んで、下書きでタイトルと見出しと画像を貼っておいているのです。

意外とこれやってない人が多いんですよ。

特に長文だと、ますますやってない人が多い。

小説の場合も、実はプロットとか設定ってなんのためにあるかというと、「書いてる途中で、考えなくてはならないことを減らす」ためにあるんです。

キャラクターの名前や端役の名前、地名、装置の名前など、いったん勢いが止まると、物凄くテンションが落ちます。

ぶっちゃけた話、設定やプロットは「使う名詞さえ並んでいればいい」ってぐらいです。

「考えないためにあらかじめ用意しておく」

実は原稿というのは、勢いで流れで書いてしまうものなので、書く前に名詞や考えておくことは終わらせておくものなんです。

「原稿中に考えないで済ませるための用意」

能率の良い原稿の書き方は、書く前に終わらせておくものなのです。

そうすればだいぶ原稿の書き方が楽になりますよ。

楽になるってことは、取り掛かりやすくもなるってことだよ!

だいたいの人は、書き始めれば早いのですよ。

そこまでいくための準備ができるかどうか?

原稿の早い遅いは、実はそこにあるのでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする