訃報(3年前)

今日ツイッターで、『三国志新聞』のときにお世話になった編集者の方から、

神保龍太師の訃報を知りました。

2018年に肺炎で亡くなっておられていたということです、ちょうどその頃、私もうつ病で水戸に引きこもって父や家を亡くしていた頃で連絡がつかなかったとのことでした。

『三国志新聞』の高雅な序文や「諸葛亮は麻薬王であった」などのネタ記事など、古文からネタまで幅広くかけるライターで、私にとっては唯一物書きとして師匠と公言し、仰いでいた方です。

洒脱でも知識豊かな、中国における士大夫が現代に生まれ出たような瀟洒なお人でした。

謹んでご冥福を祈るとともに、心の内で喪に服させていただきます。

地雷魚こと大澤良貴

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする