アズールレーン母港に来た順レビュー その259 ウェストバージニア

今回、諭吉二枚ふっとばしました……

戦艦ウェストバージニア(ユニオン)

一見怖いけど、今ではすっかりギターで『カントリーロード』を歌うお姉ちゃんに……。

特にアメリカで人気ですよね、このネタ。

それだけ『カントリーロード』が国民的な歌なんでしょうねー。

真珠湾で大破着底した子だけどそれを恨まず、敵である重桜に敬意を持っているといういい人。ただビッグセブンとしての本領を発揮できないまま大戦を終えてしまったという影を帯びている艦船でもある。

そういう影を背負った子が、母港だとギター弾いてカントリーロード歌っているねーちゃんになっちゃうのがアズールレーンの良いところだと思う。

母港に来たらみんな幸せにするのが指揮官の役目。

そういうノリでみんななかよくしてくれているという姿勢は、これからもずっと続けてほしいですねー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする