NHKスペシャル ロストワールド『南硫黄島』を見た!

NHKスペシャル 秘島探検東京ロストワールド『南硫黄島』

https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2018090630SC000/

見た! 感動した! すごかった!

みんなも見るべき、たった200円ちょっとで、この知的興奮が味わえるなら安いもんですよ!

いやー、昔から南硫黄島って気にしていたんですよ、なにしろビジュアルからしてすごい、

絶海の無人島で人が住んでいないどころか上陸すらほぼ不可能な地形だっていうんですから、好奇心がそそられないわけがないです。

その史上初の全島調査の記録っていうんだからワクワクしないわけがありません。

実は、この番組について知ったのが放映後だったので、あわててNHKオンデマンドで購入して見ました!

なにしろ、島に入るだけでも凄まじい。

船の上陸地点どころかゴムボートでも途中で降りなくてはならない上に、そこからいきなり登山家の出番になる絶壁です。

そこらじゅうから落石だらけで、登るだけでも命がけ。

もうこの時点で普通の人ならイヤになるんですけど、今回傘下した科学者たちは、この未知の絶海の孤島を調査するために、数時間も絶壁登っていきます。

しかもベースキャンプ地とか言っといて、ただの開けた坂という有り様です。

いくら万全の訓練と準備してきたといっても、絶壁に近いような崖を数時間登って、さらにベースキャンプも崖のような坂。しかも、それで終わりじゃなくて、科学者たちは「そこから調査を始める」というスタートなんですよ……。

もうこれだけで「はえ~、学者の知的好奇心しゅごい」ってなります。

そして、南硫黄島は出来てから3万年足らずの火山島で、現在進行系で生態系が作られつつある特殊な島だというのですから知的好奇心ワクワクです。

そこでは、絶滅危惧種の鳥の巣や羽ばたきを捨てて滑空していくコウモリ、海岸から何百メートルも登ってくるカニなど、「進化の途上にある生き物たち」が次々と見つかります。

これ、正直、ファンタジーやSFにしか思えないような奇妙さですよ!

しかも、標高によって気候が三段階に変わり、それに適応した植物や次月木と科学者たちの前に現れます。

そして、コダマ……。

ネタバレになりますので、ここは自分で見てほしいのですが、「生物がどうして進化していったのか?」という生命の根源の秘密のヒントにまで迫っていくのです。

もう、これで興奮しないなら物書きやってられねーよ! ってぐらい興奮しました。

いやー、断言してもいいけど、この番組で知的刺激を受けたクリエイターたちが、いろんな設定やクリーチャーを作っていくね!

学者たちにとっても素晴らしい発見でしょうけど、たぶんこれはクリエイターたちも刺激与えますよ! そんぐらい知的好奇心をワクワクさせてくれる番組でした。

それにしても、科学者たちの知的好奇心ってすごいね、一歩間違えれば崖から落ちていくような場所にズンズン入っていって、めっちゃ体力的にキツそうなのに、みんな顔が笑ってるの。本当にうれしそう(笑)

学者「生命ってすごいね……」
視聴者「あんたらもすごいよ!」

って呆れ……、いや感動します。

期待していた以上に南硫黄島という島が、生命の謎に迫る面白い島であるということがわかる素晴らしい番組でした。
みんなも見よう!
超おすすめコンテンツ! 200円とか安すぎるぞ!
映画とか物語チックですらあった!

面白い時間をありがとう!

NHKは時々こういう番組作るから侮れねえ……

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク