また文体が変わってます

小説家ならともかく、ライターの場合文体というものは、あまり意識させないようにしている。

一番いいのは、文体というものを意識させないように、さらりと書くのがライターの理想。

とはいいつつも、意識的に変えたりもしていたりするのだ。

よく読むとお分かりのように、エナベルとこちらのブログを立ち上げるにあたって、意識的に文体を変えている。

ブログの場合、とにかく改行をしないと目疲れがする。

なので意識的に句読点は不自然でもかまわず多めにして、改行も多くしている。

実は、昔の文章の再掲も、小説は基本的にはそのまま掲載しているが、「酒に当たって三国志を語ろう」あたりは、けっこう改行や句読点を増やしてリライトしている。

私は小説家ではないので、文体にはさしてこだわりがない。

むしろ、読みやすければいいのだ。

そんな感じでブログでは、ブログが読みやすい形に変えている。

小説家はわからんが、ライターにとっては文体は読みやすくするための方便に過ぎない。

こだわるのはそこではない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク