表現や言論の自由は『正義』ではない

ゲーム大会で銃乱射 負けた男の犯行か 米

またアメリカで銃乱射事件が起きた。

いつも、こういうときに日本は銃が厳重に規制されてよかったと思うし、アメリカの銃社会を恐ろしく思う。

そして、まるでお決まりのように全米ライフル協会(NRA)が、

「銃を所持する権利は守らねばならない」と、声明を出す。

この事について、日本人はよくNRAの態度を批判したり嘲笑したりする。

しかし、これを嘲笑したり批判できたりしていいものだろうか?

私は職業上、「言論の自由」というものを常に意識していたし、言論の自由や表現の自由は守らねばならないと思ってもいる。

しかし、だ。

言論や表現は、時として、いや、しばしば人を傷つける凶器となるのだ。

銃と同じどころか、もしかすると言論や表現によって傷ついた人は、銃器のそれを上回るかもしれない。

実際、ネット社会になって以降、心無い表現や晒しや炎上などによって、実害を受けてしまった人の数は枚挙に暇がない。

「そんなものを言論や表現と呼んでほしくない」とか言ってはいけないのだ。

これは、言論や表現の一側面であり、どのような言論も表現も、そのような「心無い言論や表現」の延長線上に存在する。

そして、「そんなのは言論や表現ではない」などと言い出したら、どっからそれを線引きするのか? というより、線引きすること自体が出版界が軽減税率と引き換えにしようとしている『検閲行為』と同じではないか?

そう、我々の言う『言論や表現の自由』はいとも簡単に人を傷つけ、社会的に殺し、時には死すらも与えてしまうような危険な『凶器』なのだ。

だが、それを生業とする以上、我々は「たとえ傷つく人がいようとも言論や表現の自由は守らねばならない」と言わねばならないのだ。

全米ライフル協会を笑えない。

我々は「凶器を所持し、凶器を使う自由」を求めているのと同じなのだ。

そういった苦渋を込めながら、「言論や表現の自由」を求めている。

それは、決して『正義』などではない。

それだけは勘違いしてはならないと思っている。

スポンサーリンク