【Dawn of Man】俺の縄文生活が夜を開ける!

前々からスゲー気になっていた原始人シミュレーション『Dawn of Man』を買いました!

どんなゲームかというと石器時代から原始人たちに指示を与えて漁労や狩猟や採集を行い、それとともに知識を集めて新石器時代、青銅器時代、鉄器時代まで進化させて行くゲームです。

気に入ったのはフロストパンクやバニッシュドのように厳しいゲームバランスではないので、比較的ゆるゆると原始人たちを見守りながら生活させていけます。

干物作りを覚えて貯蔵させたり、皮を干したり、なめしたりして服にしていったり、いろいろな行動ごとに原始人たちが知識ポイントをゲットしていって、そのポイントを集めていくごとに原始人たちが進化していきます。

採集や狩猟などもおおざっぱに「この辺りで狩猟しとけや」って支持すれば自動的にやってくれるので、ものすごい簡単なゲームになってます。いろいろ面倒くさいと辛くなっているので、これは助かった。

猿に毛が生えた(むしろ抜けた)ような原始人たちが、石器を作ったり干物を覚えたりしていって生活が豊かになっていくところが大変エモいです。

今の所ノーマルプレーしていますが、ゲームバランスは比較的ゆるいっぽいです。

それほど難儀していません。

ただ、やたら「棒」が枯渇しまくるので(火をおこしたり、建築材にしたり、槍を作ったり)棒の採集を多めにしておけば序盤は困らないと思います。

それほどタイトなゲームバランスになっていないので、干物と皮なめしを覚えて、食料の貯蔵と衣服の生産をしていけばいいんじゃないかなー、と。

また、最初も最初ですが、わりとのんびりと原始人たちの生活を見ているのが楽しいし、それほど急かされないゲームバランスなので、買ってよかったなと思ってます。

個人的には青銅や鉄器の文明の発祥に興味があるので、そこらへんまでたどり着くのが楽しみです。

とりあえず、ファーストインプレッションはそんな感じ!

スポンサーリンク