アズールレーン母港に来た順レビュー その209 長門

確定申告に失敗した心をココイチコラボで癒やすんだ・・・

戦艦長門(重桜)

自己紹介しただけで敵が吹き飛ぶ幼女。

SSRどころかURや開発艦すら凌駕するとさえ言われる超強力な弾幕「BIG SEVEN-桜-」そして、重桜艦と空母に強力なバフをかける「四代目連合艦隊旗艦」というスキルで、おそらく『アズールレーン』最強談義というものがあったとしたら、間違いなく名前が出るでしょう。

しかし、それよりも強力だと思っているのが、そのキャラクター性です、重桜開戦時の旗艦ということでその重圧と戦争責任を一身にせおったあげく、自らを封印してしまったという境遇。そんな境遇にもかかわらず小さなロリっ子という容姿。

「余は長門」と強い声音で言っているが、実は無理しているのがバレバレの声など健気さが実に現れているキャラクターです。

そして、ケッコンするとその結婚衣装の破壊力がすごい! 白無垢とでっかけお狐さまでかわいいのと神々しさにあまりにも目が潰れそうになる、だけでなくケッコンセリフでの「余は長門」と柔らかくなっていく変貌ぶり。

指揮官と幸せになると、本人が幸せになっていくのが本当にいいんですよ長門ちゃんは!

「余は長門、重桜の長門だけでなくお主の長門でもあるのだ」という殺し文句は素晴らしいですよねー。強い艦は好きですが、それ以上にこの健気で愛に飢えていた純粋なキャラクター性に惚れたと言ってもいいでしょう。

そして、このセリフでアズールレーンの指揮官(自分って感覚はあまりないです)に対する株もかなり上昇しました。お主やるじゃん。

長門といえば、絵師さんによるながとのキャラクターデザイン騒動がありましたが、あれについていろんなアフィリエイトサイトが炎上や煽動をしまくっている中、それに乗らずに冷静に書いていた「アズールレーン速報」の株が自分の中で上がりました。

いろいろ煽ったサイトやアンテナはみんなブックマークと脳裏から削除しました。

それはみんなも同じだったらしく、アズールレーンの速報やネタについてはアズールレーン速報って感じになっていますよね。

そんなふるいにかけられた出来事だったと思います。

煽りアフィ(゚⊿゚)イラネ

スポンサーリンク