アズールレーン母港に来た順レビュー その116 テラー

三笠さんの抱き枕カバー・・・

モニター艦テラー(ロイヤル)

もし私が手動勢だったら絶対砲艦は使っただろうなー、と。

耐久が紙で高火力の主力は使っていて楽しいだろうし、弾幕も気持ちいい。手動で華麗に自爆ボートを処理しつつクリアできたら、さぞかし気持ちいいと思う。

そんなモニター艦の巨乳枠のテラー。

ゾンビみたいな容姿のキャラクターで実際ゾンビっぽいらしく、おっぱいが取れたりすることがアンソロで判明した!

テラー (モニター)

マルタ防衛用に配備されたテラーは、1940年6月10日イタリアの参戦以降、イタリア空軍のマルタ空襲に対して対空戦闘を行った。11月にはクレタ島スダ湾に移り、次いで12月からはテラーはイギリス軍の攻勢(コンパス作戦)が行われていたリビアでバルディアやトブルクなどへの艦砲射撃の従事したほか、前線への水の輸送も行った。

1941年2月17日、ベンガジ守備のため駆逐艦スチュアートとヴァンパイアに護衛されて、トブルクからベンガジに到着した。2月22日、テラーはベンガジ港でドイツ軍のJu 87急降下爆撃機による爆撃を受けて損傷した。テラーはコルベット サルヴィア (HMS Salvia)、掃海艇フェアハム (HMS Fareham) と共にトブルクへ向かったが、出航時に至近で機雷が爆発しさらに被害を受けた。2月23日、トブルクへ向かう途中のテラーはさらに空襲を受け、至近弾による浸水で航行不能となり、2月24日にデルナ北西沖で転覆し沈没した。

調べたらかなり激しい戦闘を繰り広げていたらしくモニター艦っておまけかと思っていたら、イギリス軍はいろいろ活用していたんですなー。

しかし、実艦の姿のインパクトしゅごい・・・

スポンサーリンク