アズールレーン母港に来た順レビュー その42 フート

五航戦、日向伊勢常設化とかレイドイベントとか、イベント常設化とか・・・
やることが多いにゃ・・・

駆逐艦フート(ユニオン)

昨日のコラムでハードルが上がった感じがするが、あんなのは特別なので、今回が普通ですよ……。

それにしてもフートちゃんはかわいい。

というより基本的にフレッチャーズやビーバーズがかわいいんである。

みんな丸っこくて手足が短いのが幼児体型っぼくてかわいい。

重巡洋艦や戦艦や主人公クラスの駆逐と比べるとデザインが地味かなと思う事があるが、それは175隻も建造されたフレッチャーズなので、むしろその方がいいかなとおもっている。

派手な特徴はないが、それぞれに個性があるのがフレッチャーズの魅力だ。

その中でもフートちゃんは、ちょっと反抗期っぽいのがかわいい。

指揮官のことをウザく思っていて、ちょっと態度が冷たいところがよいのである。みんな好き好きだとかえって対応に困るからね。

フレッチャーズの中でもちよっと背伸びしている感じなのもかわいい。

なんとも父性愛を感じてしまう子なのだ。

そのくせちょっとお下げに髪を束ねたりしていて、少しおしゃれしているところが かわいい。きっとこの三つ編みは自分ではできないんだよ! きっフレッチャーお姉さんがやってくれているんだ!

そんなフートちゃんは可愛いが、性能は地味である。

しかし燃費がよく、フレッチャー姉さんのバフが強力なので、無凸で艦隊運用すると6章ぐらいは、無凸フレッチャー・フート・スペンスで超低燃費な運用が可能なのだ!

お世話になりましたよ特に3-4の赤城・加賀掘りは彼女たちの活躍なしには、こんなに掘れなかったであろう。

そういう意味ではとても感謝している武勲艦だ。

しかし、今は引退してもらっている。

というか無凸で70のまま愛になっていくフレッチャーズに罪悪感を抱いたので、それぞれをそれぞれの艦に合体してもらって、今は三凸フレッチャーズを運用している。

燃費は悪いが、この方が真っ当なので心の負担が少ないのがいい。

あと心の中の母港ではフレッチャーズは175艦用の巨大な合同宿舎に住んでいる。広大なユニオン寮の中でも一番大きな寮のフレッチャー寮。そこで残り百数十隻が今も実装を待っているのだ……。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク