アズールレーン母港に来た順レビュー その40 ペンシルバニア

サンディエゴ改造きたあああ!
サンディエゴ貯金だああああ!

戦艦ペンシルバニア(ユニオン)

強い姉さん。

スキルの「ペン姉さん!」が4連発の特殊弾幕をしてくるのでめっちゃ強い。序盤にこの人が出たら、ユニコーン、ロングアイランドと組ませれば序盤は乗り切れるというぐらい強い。

どうも、この人を見るたびに思うのは「アメリカンポリスっぽいな」という感想である。もちろん、アメリカの婦警がこんな格好しているわけないんだが、なんかアメリカのドラマとかで刑事みたいな事をやってそうな印象があるのだ。

グラマーで色っぽい格好をした女刑事が、男を色気で篭絡させたところで股間を蹴り上げるような、強くて逞しいアメリカン女性のイメージ。

実際、ペンシルバニア姉さんの言動も強くて逞しくて、そんな印象を裏切らない。

だから、この人は姉さんキャラではあるがオネショタものは今イチ想像ができない部分がある。

子供は「家に帰っていい子してな!」とか言いそうで、セックスに持っていく展開がどうにも想像できない。

むしろヒヒ爺とかに弱みを握られて……さあ、どうする? という場面ばかり目に浮かぶ。

史実だと、真珠湾か!? つーと、ヒヒジジイは山本五十六か? 南雲か? おいやめろ。

そのあときっちり反撃しているあたり、この姉さんらしいですね。

ああ、捜査のために一時的にヒヒジジイに身を任せているペンシルバニア姉さん……いいよね。

スポンサーリンク