アズールレーン母港に来た順レビュー その33 シカゴ

一周年の情報の大規模発表のあとも、いろいろ新情報が出てくる……。

なんなのこのコンテンツ、こわい……。

重巡洋艦シカゴ(シカゴ)

ユニオンにおけるお姉さま枠である。

というか、重巡がもっと強くて、ノーザンプトン級になにかいいスキルがついていたら、間違いなくもっと人気が出たはずである。

金髪に豪奢な巻き毛、巨乳、チアガール的なパンツルック。素晴らしい!

なんというか、「俺たちが思うアメリカのいい女」の典型だ。すげースクールカーストが高そうで、映画とかにも出てそう!

うん、古き良きアメリカのいい部分が詰まった華麗なるギャッツビーとか、そんな感じ(どんな感じだよ)。

でも、こういう「典型的なアメリカのいい女」キャラって、実はありそうであまりいないので、もっと注目されてもいいと思うんである。

逆にこの人には、もっとドレス的なスキンが欲しい。

すげーハリウッドのセレブ的なエロエロのドレスな!

この人、ハリウッドとかのセレブの服装がとても似合うと思うんだよ。そういうアメリカの新興成金的なキラキラの衣装が似合う。

いいよなー。

ユニオン自体がイベントが少なかったりして不遇なんだが、ノーザンプトン級はもっと注目されてもいいしまいだと思う。

一人ひとり見てみると、けっこう個性が強くて面白いんだよね。

ただ、そもそもユニオンだけでなく重巡が不遇だし、全体的にノーザンプトン級の性能も地味なのは否めない。

その辺、調整してくれるとうれしいなー。

スポンサーリンク