アズールレーン母港に来た順レビュー その20 クレイヴン

あんまり二次創作とかのネタになってないけど、グリッドレイ型の駆逐艦たちみんなかわいいよね。声がとくにみんな好き。

駆逐艦クレイヴン(ユニオン)

貴重なチアガール枠だ!

クレイヴンといえばチアガールである!(断言)

いや、アメリカのチアガール文化ってすごく好きなんですよ。

アメリカンポルノでは、必ず出てくるチアガール。アメリカ人の大柄な体でも、なんか「可愛い」ってなるあの衣装は、バニーガールに匹敵する、「アメリカの良い文化」だと思うんですよ。

しかし!

不思議な事なんですが、日本のエロス市場だとチアガールってあんまり強くないんですよ。そりゃチアガール文化があまり浸透していませんが、甲子園とかではよく話題になっているのにね。

意外とAVでもそんなに人気がでないですし、二次元とかだとなおさらです。実際、バニーガール絵はよくTwitterにながれてきたりしますが、チアガールはまずない。

全盛期の性癖や嗜好をみんな包含する勢いだったエロゲーでも、不思議とチアガールものは少なかった(しかも売れていない!)んですよ。

そんぐらい、日本のエロ文化ではチアガールって不遇なのです。

そういう意味ではクレイヴンって、とても貴重なチアガールキャラなので、戦力としては育てていませんが、ドックなどで見に行ったりして、かわいーって眺めたりしています。

前向きで元気になれていいよねクレイヴンのセリフ。

そして、もっとメジャーになれチアガール!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク