アズールレーン母港に来た順レビュー その8 レパルス

お次はレパルスである。

本当にいい子である、しかし……レパルスにはスマン事した。

その8 巡洋戦艦レパルス(ロイヤル)

そもそも、アズールレーンが始まった当初はレパルスに「負けヒロイン」という属性などなかったんである。

どうしてかと言うと、大抵の指揮官にとって最初に手に入る巡洋戦艦であり、普通に強かったのでみんなお世話になっていたのだ。

私も3章あたりまではこの子に主力艦を任せていたと思う。

その特色あるスキルボイス「ねらってー、ポン」という声で、むしろ「ねらポンちゃん」という呼ばれ方をして親しまれていたのが初期のアズールレーン指揮官たちだったのだ。

しかし、そのうち少しずつ巡洋戦艦というより全戦艦の中でも屈指の実力を持ったフッドさんをゲットする指揮官たちが現れると、次々とフッドさんに旗艦の座を奪われていく。

さらに姉レナウンをゲットする指揮官が増えると、初期は容姿としてキャッチーだったレナウンに人気が集まってしまうのである。

そう指揮官にとっては序盤に仲良くしていた「幼馴染み」が、大エースフッドさんやっ実姉のレパルスに人気が集まっていくにつれ、居場所を失っていった……。

その様子が、序盤のお笹馴染みポジションからヒロインの座を明け渡すいわゆる「負けヒロイン」ムーブに酷似していたため、いつのまにかレパルスには負けヒロインぽいという風評被害がつくようになってしまったのだ。

その中には私も含まれていたTwitterのタグで#レパルス劇場とかやっていたから、私も罪人の一人である。

レパルスには申し訳ないことをした。

そんな気持ちをコメて、現在育成中でレベル93である。

育ったら指輪わたしてやるのもいいかなって思っている。

元々性格のいい可愛い子だもんね……

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク